オレンジセシルはお客様のご依頼に
格安プライス良質・安心のサービスでお応えします!

CMSについて

CMSとは、コンテンツ・マネジメント・システムの略で、Webサイトを管理・更新できるシステムのことをいいます。 Webサイトの更新は、テキストや画像の情報だけでなく、HTML(Hypertext strongup Languageの略)やCSS(cascading style sheets)と呼ばれる専門的な知識が必要で、他のページからのリンクを設定するなど大変手間がかかる作業です。

CMSでは、専門知識が必要な部分は全てシステム側に制御させ、テキストや画像などの情報のみを入れていくことで、簡単にWebサイトを更新することができます。また、サイト内のナビゲーションや、新着情報など、必要なリンクの更新は、自動的に行われます。

CMSは、専門的な知識を学習することなく、誰でも簡単にWebサイトを更新・管理することができる大変便利なシステムです。代表的なものとしてはWordPressです。 サイトサンプルはこちら一番上のもの

メリット&デメリット

メリット

CMSノートイラスト

①コンテンツ更新が簡単

コンテンツ作成・更新が非常に簡単になったので、htmlなど知らなくても誰でもコンテンツを作成・更新することが出来るんで頻繁に更新される場合は非常に便利です。ただし、ちょっとこの辺だけいじってみようとか、ここはどうなっているのかとか好奇心旺盛で色々触っていると画面は見れなくなる場合もありますのでご注意して下さい。

②リンク切れの可能性が低い

Webサイト運用に見られます。原因としては適切な更新管理が出来ていないケースが多いです。Webサイト内でリンク切れが多発するとユーザービリティを損ねる他、検索エンジンからの評価が下がりWebサイトを検索結果上位に表示させることが難しくなります。 その点CMSはWebサイト全体を一元的に更新・管理出来るので、リンク切れがなくなりユーザビリティの向上に繋がります。

③SEOに強い

あくまでも一般論ですがCMSで制作されたWebサイトのコードは、検索エンジンに好まれる構成がされているため評価されやすいという特徴があるそうです。ですので、Webサイトを効率的に検索結果上位へ持っていくことが比較的容易になります。従来のWeb制作では制作会社のスキルによって影響を受けやすいので、CMSでは安定した品質を実現するようです。

④デザイン変更が簡単

Webサイトのデザインを変更したときはテンプレートを変更するだけなので非常に簡単です。また、変更時も自動で最適化してくれるのでレイアウトの崩れを極限まで減らしリンク切れも防ぎます。テンプレートを使うから簡単ですが、同じようなホームページが多くなってきます。やはり一からオリジナルで作るのは知識が必要です。

⑤プラグインが豊富

プラグインとは、ソフトウェアの機能を拡張するための小さなプログラムです。「スマートフォンにおけるアプリのようなもの」と考えると分かりやすいと思います。テンプレートとプラグインには相性があり、場合によっては作動しない事もありますのでご注意して下さい。また、あれもこれもプラグインでつけまくるとホームページが重たくなる要因にもなります。

⑥追加費用がかからない

従来のWeb制作で新たなページを制作したいとき、自社にスキルの人材がいない場合は制作会社に追加依頼するのが基本でした。当然そこにはページ制作の費用がかかります。 CMSなら簡単にページ制作が出来るため追加費用はかからずコスト削減に繋がります。

デメリット

panndaが学ぶイラスト

①セキュリティーの脆弱さ

特に導入率が高いのがOSS(オープン・ソース・システム)のCMSに潜む危険性といえば「サイバー攻撃による情報漏えいやサービス停止」です。そもそも、CMSというソフトウェア自体、脆弱性(セキュリティ上の弱点)が発見されやすいという特徴がある上に、OSSは無償ライセンスであるため、輪をかけて脆弱性が発見されやすい傾向にあります。

②バックアップの必要性

従来のWebサイトにおけるコンテンツ作成ではPCで作成したデータをサーバにアップするので、必然的にローカルデータ(PC内のデータ)が残っている状態でした。 なのでバックアップを取る必要がなかったのですが、CMSではインターネット上でコンテンツが更新されていくためローカルデータが残りません。 つまり、都度バックアップを取る必要があります。

③サイト制作費用が割高

CMSでは、制作費が従来のWebサイト制作よりも割高になるケースが多く、「初期コストを出来るだけ」抑えたいという企業は注意が必要となります。 しかしCMSで実現する業務効率化などを考慮すると、長期運用では従来のWeb制作よりもコストメリットがあります。初期コストを重視するかランニングコストを重視するか?それぞれの目的に合わせて検討する必要がありますね。ちなみにオレンジセシルではHTMLでもCMSでも同一料金です。

④例外ページが作成困難

キャンペーンページなど、運営しているWebサイトのデザインから逸脱したものを作成することは基本的に不可能です。 CMSはあくまでコンテンツの一元管理が目的のため、例外的なページ制作には向いていないんですね。

まとめ

メリット・デメリットを挙げてみましたが、勿論絶対的なものではなくメリットのコスト削減の為には、自社でサイト作成・更新が必要で、デメリットも技術があれば十分カバーできます。作り手側はコードの記述が少なくなりますが、html・css以外にphpの知識も必要になります。元々はブログなど更新が頻繁に必用なものに利用されてましたが、最近のホームページに占めるCMSの比率は年々高くなっており、作られるホームページはCMSで作られるものの方が多いようです。

しかし、実際には自社のホームページを頻繁に修正更新される企業は殆どないと思います。そのつもりで作ってもしなくなるのが殆どです。CMSを利用する事で料金の上乗せを考える制作会社、安易に始められる手軽さから多くなっているだけで全く持って作り手側の都合で広まったと考えています。

PAGE TOP