オレンジセシルはお客様のご依頼に
格安プライス良質・安心のサービスでお応えします!

SEOについて

サーチエンジン最適化(Search Engine Optimisation)の頭文字。検索サイトにおいて、ウェブサイトが希望のキーワードで検索された際に検索結果の上位に表示されるよう、また検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことを指します。

SEOを実施する目的

利用者側はウェブサイトが希望のキーワードで検索された際に検索結果の上位に表示される事。一方で検索サイト側では、「設計」「技術」「マーケティング」などあらゆる側面からサイトを改善することを通じて、Webサイトの健全性の担保やデータ収集する事を目的としており、その結果として検索結果の上位に表示されるようにし、利用者の利便性を高める事を念頭に置いている。

具体的には

ではどのようにすれば上位検索になるのでしょうか。以下の部分が一般的に正しい考え方であり、google自体も具体的な詳細発表はしていません。従って「100%上位検索できるSEO」という表現をしているWeb制作会社・SOHOは要注意です。100%と言い切れるのは広告掲載のみと考えるのが正解です。次の3っの事はごく当たり前でありながら、それを守りすぎると今度は面白みのないサイトになってしまいます。だからSEOは大切でもあり難しいのです。

SEOのイメージ

勿論、上位検索につなげるテクニックはありませが、アルゴリズムが適度に変更されるため確実な方法ありえません。そうでないと新規でサイトを立ち上げても上位検索されません。以上の事を踏まえて次の3つを出来る限り履行する事が望ましい。

つまり有益なコンテンツを配信し、リンクをサイトに集め(=色々な外部サイトで言及、紹介されるよう努力し)、検索エンジンから見たサイトの価値をあげるだけではなく、ユーザーにとっても高い価値を提供できるサイト運営をしていくことにほかなりません。ただし、近年ではこの中の優先順位が変わりユーザビリティーの要素がかなり強くなっています。例えて"言うと質より量の時代から量より質の時代"になっている感じです。

SEOのメリット

広告とは異なるため、コストが抑えられる、または無料で行うことができる検索結果でランキング上位に表示されると中長期的に安定した集客が低コストで見込める検索行動からの集客によるため、成果に結びつきやすい上位表示されることにより高いブランディング効果を得られる。

SEOのノートイラスト

また検索上位になることにより企業として一層の信頼感と認知度が上がる事です。これは計り知れないメリットです。

SEOのデメリット

SEO対策を行っても、効果が現れるまでに時間が掛かる、即効性に欠ける1ページに対し1テーマが基本なので、緻密に行うにはコンテンツ作成など人的コストがかかるキーワードによっては上位表示の難易度が高く、非常に難しい場合がある 検索エンジン側のアップデートやアルゴリズム変更により順位が左右される。つまり受動的でありいくら良い会社だからと言ってすぐ検索結果に表れないという事です。

SEOの現状

最近ではアルゴリズムの進化だけではなく、従来型の上位表示対策によく見られるようなスパム行為に対するGoogleの対応は日に日に厳しくなっています。例えば大量の被リンク購入による上位表示対策、中身のないページの量産、などというのは数年前は実際に一定の効果が得られていましたが現在ではそうした手法のほとんどが逆効果になります。

これからのSEOは、ひと事で言うと「googleを制す者がSEOを制す。」です。いかに「サイトの技術要件を正しく整備する」「テーマに沿って役立つ情報を掲載する」「ユーザーの自発的な被リンクを集める」といった、本質的なSEOに取り組んでいく事が重要です。また、傾向としてgoogleはユーザビリティーの重要性を益々高めていくと考えておりますので、それに合ったホームページ作りに力を注ぎたいと思います。

PAGE TOP