オレンジセシルがお伝えする
失敗しないホームページ制作業者の選び方

失敗しないホームページ制作業者の選び方

ポイントイラスト

ホームページを依頼される時ってどうされていますか?

自社で開発できる大手企業は別として、中小企業様や個人経営されている事業所の方々は「取引先の紹介」や「前に作ってもらったから」や「mailなど配信のDM」が依頼として実は圧倒的に多いんです。その内の「取引先の紹介」なんですが、上手くいけば一番よいのですが、例えば「最終的に料金が高くなった」であるとか「納期が遅い」とかいろいろ事業所様に合わない場合もありますよね。でも、紹介だから断りにくい。ましてや取引相手なら尚更です。そこで初めてのホームページを作られる事業所様を対象に基本的な選び方をお教えします。後は事業所様の現在の状況や環境に応じて良いと思う法人・個人を問わず制作業者を選んで下さい。

制作会社と個人(SOHO)のどちらを選ぶべきか

WEB制作は両方が存在していますが、それぞれメリット・デメリットを抱えています。例えば、制作会社を選ばれる理由としては安心感・信頼感、納期の速さが圧倒的です。個人を選ばれる理由としては、料金の安さ、デザイン性、独創性、融通が利くが挙げられます。

ECサイトを開かれる予定でセキュティー的に安心が欲しい場合や急ぎの場合は制作会社へ、起業早々で安く作りたいとか、いままでのホームページと印象を変えたいなら個人へ依頼されるのがいいでしょう。つまり事業所様の現在の状態と何に重きを置くかによって選ばれるのが良いでしょう

ホームページを作るのに一体いくらかかるか分からない

ホームページを見ても金額が様々で、中には金額を表示していない個人もあり総額いくらか分かりにくいですよね。また、ドメインとかサーバーとか聞きなれない言葉もできて余計に混乱しそうですね。大きくは製作費と管理費分けて考えましょう。

製作費は基本的にトップページとその他の総枚数で決まってきます。管理費は経費と考えると良いでしょう。一覧表にすると分かりやすいですが、面倒なら見積書を数社から取って検討するとよいでしょう。見比べると以外な落とし穴を発見できるかもしれませんし、後から「こんなに料金がかかると思っていなかった」と失敗する事はなくなります。

サイト管理って毎月お金がかかるの?

制作会社も個人も毎月お金が入ると安定収入になりますから、積極的に勧めてくるでしょう。中にはレンタルサーバー代をかなり高く設定している制作会社もありますので注意してください。

つまりサーバー代・ドメイン代は実費となっている制作会社や個人はかなり良心的です。ちなみにオレンジセシルは実費のみです。サイト管理は経費です。出来るだけ安く抑えるようにしましょう

アフターサービスがないのはどうして?

基本的には2週間から1ヶ月以内の質問は無料というところは多いと思います。

但しページを増やすのは別途料金が発生します。これは制作会社でも個人でも同じです。ですが、画像の変更とかデーターの追加は個人なら無料でおこなってくれるところもあります。ちなみにオレンジセシルも無料です。

CMSとHTMLどちらでつくるのがいいの?

今の主流はCMSです。これは制作側の付加価値作戦でもあり、作りやすいという理由からという説もあります。確かに事業所様で頻繁に更新していく場合はCMSの方がよいでしょう。ですが、実際に頻繁に更新している事業様は限りなく少ないでしょう。また、最初は興味もあって変えたとしても本業がおろそかになるようでは本末転倒です。予約ページがいる医療関係や美容室などを除いてあまり気にする必要はないと思います。

CMSはセキュリティー的に脆弱な一面もあるようですので、CMSでご依頼される場合はしっかりとセキュリティー対策をしてください。

SEO対策って何で高いの?

SEO対策も管理費に含まれるところが多いと思いますが、単体で高額請求されるところは避けた方が賢明です。

事業所様から考えれば、上位検索に入りたいと思うところですよね。ですが100%上位検索はほぼ不可能です。googleの検索アルゴリズムは数ヶ月で変わりますし、余程の有名企業でもない限り難しいんです。

また、最近では人気キーワードのトップページの3分の2程が広告ページになっています。だから各社お金を払って広告欄をを利用されるのです。ですので、検索上位の為のSEOなら必要ありません。なぜなら会社名検索なら余程の事がない限りトップページで検索されるはずです。

スマホ対応した会社のホームページでいるの?

就活中の人なんかは見る可能性はあると思います。それよりもSEO的に重要視されています。(googleが推奨しています)ですが、それを理由に料金を高く設定している業者は避けた方が良いでしょう。

作る手間は多少増えますが料金に反映しないといけないほどではありません。どうしてもデザインを重視したいという方は従来通りのパソコン用のサイトでも良いかもしれません。スマホの大きさが各社違うのでスマホでは使えない、使いにくい技術もあります。オレンジセシルの光って見える文字もそれに当たります。

上手いか下手かの見極めはどうしたらいいの?

正直見極めは難しいです。というのは個人でもかなり技術のある人はたくさんいますし、制作会社でもそれほどの人もいます。その逆もしかりです。それぞれのホームページを見ても、自社のホームページを作ってもらっている方もいますし、自社のホームページに時間をかけてもお金にならないからそんなに重視していない方もいます。よく話を聞いてみるのが一番かもしれません。トップページを見てから依頼を決められるところも結構あります。そういうところなら安心かもしれないですね。

上記の点をご参考にして制作業者を検討してお選びください。その上で、オレンジセシルを選んでいただければ幸いです。

PAGE TOP